So-net無料ブログ作成
家電・PC・スマホ関係 ブログトップ
前の10件 | -

BUFFALO WiFi 無線LAN 中継機 WEX-733DHP買いました [家電・PC・スマホ関係]

BUFFALO WiFi 無線LAN 中継機 WEX-733DHP



amazonで3,428円

コンセント直差しのコンパクトな中継機です

11ac/n/g/b 433+300Mbpsのハイパワー


南の部屋の南角に無線ルーターを置いたら、

ドアを2枚挟んだ北側の部屋でwifiが届きにくくなったので、

家の真ん中あたりに中継機を置くことにしました


親機もバッファローなので中継機もバッファローで揃えてみました


サイズはトランプのケースよりちょっと大きいぐらいかな

厚みが3.5cm程度あるので存在感あります


我が家はコンセントが少な目なので、どこに設置するか迷いました

2口プラグの下の方に差しても上のプラグの邪魔をしないところが良いです


接続はWPSを使って簡単にできました

手持ちのすべてのデバイスで通信の確認も出来たのですが、

翌日になると、接続できていたipadがインターネットに繋がらなくなりました

iphoneでは繋がっていたのでipadの不具合かと思ったのですが、

ipadの再起動では改善せず、管理画面から中継機を再起動すると繋がるようになりました



nice!(2)  コメント(0) 

タイガー コンベクションオーブン&トースターやきたて KAS-G130-SN [家電・PC・スマホ関係]

タイガー KAS-G130-SNやきたて コンベクションオーブン&トースター

楽天で7,533円




12,000円ぐらいで買えるパナソニックのこちらと迷いました

NB-DT51-W パナソニック コンパクトオーブン ホワイト Panasonic



こちらはコンパクトとは言え、トースターではなくオーブンです


トーストは年に数回しか食べないので、

メインは揚げ物の温め、できればサクッと香ばしく温められるものが希望


たまに惣菜パンやクロワッサンを温めたり、

チルドのピザを焼いたり、グラタンを作ったり


4年使った象印こんがり倶楽部 ET-FM28 マイコンオーブントースター

ET-FM28を買ったときの記事は→コチラ

これも4年使うとマイコン不調で、火加減がメチャクチャになってトーストがまったく焼けないことも数回


4年で買い換え前提となると、あまり高い機種は買いたくないなぁ~と、

安いほうを選びました


トーストが速く焼けるのは良いのですが、好みよりも少し焼過ぎになります


揚げ物の温めは「こんがり上火」というボタンで4分温めになって、

今のところそれが良い感じで温められます


nice!(0)  コメント(0) 

パナソニックpanasonicヘアードライヤー ナノケア買いました [家電・PC・スマホ関係]



楽天でドライヤーを買いました

パナソニックpanasonicヘアードライヤー ナノケア EH-NA9A-W

15,760円~


ナノケアEH-NA93からの買い換えです 

EH-NA93を買ったときの記事は → コチラ

7年半使うと風量が落ちるようで、

新しいドライヤーは乾くのも早くて快適です


今、楽天で調べるとEH-NA9A-Wは買ったときよりも1,000円以上安くなっています

また買い時を失敗しました…


nice!(2)  コメント(0) 

Z-LightゼットライトZ-80N買いました [家電・PC・スマホ関係]

夏前に買ったBenQ Wit MindDuo LEDデスクライトが

接触不良ですぐに消灯してしまうようになって…

カスタマーサポートに電話するも対応があまりよろしくなく、

指示どおりに問い合わせフォームから修理依頼を送ったものの放置されそうな予感…

BenQのLEDデスクライトを買ったときの記事は → コチラ


イライラしながら待つよりも~と楽天でZ-Light買いました



山田照明LEDスタンド Z-Light(ゼットライト)(814lm) Z-80N-W

15,250円~


自動消灯機能のあるZ-81Nと迷ったのですが、消す習慣を付けることも大事だと思い、

シンプルな機能のZ80Nにしました


取説も保証書もあって、やはり日本のメーカーは安心感があります


調光調色はBenQのほうが豊富に選べるし、

コンパクトさと見た目のシンプルさ、動きの軽さはBenQのほうが良いですが、

無骨な見た目と頑強な動きのZ-Lightも存在感があって悪くありません

何より、信頼できるメーカーの定番製品というのが一番の魅力です



タグ:家電 楽天
nice!(0)  コメント(0) 

SIMフリーiphone8を買いました [家電・PC・スマホ関係]

apple storeでiphone8 64Gを買いました

色はシルバー、67,800円~

古いipadやiphoneを下取りに出して受け取ったappleギフトカード12,000円を使って、

55,800円の支払い~


さっそく設定です

試しにSIMカードを入れずにやってみたら、意外にあっさりと普通に設定できました


古いxperiaXAが調子が悪くなってモバイルデータ通信ができなくなったので、

xperiaXAに入れていたdocomoのSIMを入れて使うことにしました


画面が綺麗でカメラも綺麗~


取り急ぎ手帳型カバーとガラスフィルムは楽天で



色はミント 880円~

付けて見たら、思ったよりも厚みがあって見た目モッサリ…

色は綺麗でTPUケースでガッチリ守られている感は良いですね

カード入れとストラップホールは私には不要でした




0.26mmのガラスフィルム 500円~

2mmぐらい画面よりも小さいのが気になる…


フィルムもカバーも安いのはそれなりですね

いずれカバーもフィルムも買い換えるつもりです



中国製ですが、これぐらい薄いケースが好き


nice!(2)  コメント(0) 

HITACHIエアコン白くまくんRAS-HM28G買いました [家電・PC・スマホ関係]

北側の6畳ほどの部屋のエアコンが、引っ越しを経て9年目でまだ動くのですが…

排水が玄関にまで流れてきたり、

フィルターが外しにくかったり、ポコポコ音が気になったり、

ニオイやホコリが気になって買い替えることにしました



最初に目にとまったのはMITSUBISHI霧ヶ峰MSZ-GE2518

8畳用のお掃除機能のないスタンダードモデル

近所の家電量販店で79,000円+古いエアコンの取り外し5,400円、


でも、店舗で見ているうちに店員さんのイチオシのHITACHI白くまくんRAS-HM28Gに変更~

こちらは10畳用のお掃除機能付きエアコンで、

取り外し料込みで99,800円~

先週よりも1万円安くなったそうです


この価格に、リサイクル手数料と運搬料がついて、

さらにオプションのエアカットバルブ4,000円を付けて総額114,268円~


RAS-HM28Gは2018年の新商品なのですが、

日立の今年のエアコンカタログには記載がなく、外観が同じモデルもありません

リモコンはDシリーズと似ているので、性能的にはDシリーズに近いのかも…




RAS-HM28Gはノジマとジャパネットタカタのみで販売しているモデルだと言うことなので、

外装はおそらく古い機種のものを流用したのでしょう


機能としては、日立独自のステンレスクリーンシステム搭載、

3モード除湿程度、ecoこれっきり運転があるぐらいのシンプルなモデルです

低温時暖房能力は3.8W

検討していた霧ヶ峰MSZ-GE2518の低温時暖房能力は3.2W、

まあどんぐりの背比べですね…


ノジマオンラインでは149,000円ほどの価格になっているので、

かなり安く買えました


取り付け工事は3日後以降の希望の日で取れました

工事は約2時間で設置完了、その後に真空引きや片付けや試運転で午前中一杯かかって完了~


排水ホースを長くしてもらって、

床面の勾配がないところはホースを固定して勾配を付けて、

これで玄関の水たまりは回避されるでしょう



タグ:家電
nice!(2)  コメント(0) 

保安灯をNational WTF4012からpanasonic WTF4088に替えました [家電・PC・スマホ関係]

元から廊下についていた保安灯ナショナルNationalのWTF4012Wが、

     

いつの間にか点かなくなっていました


普段は消灯していて、停電になったら自動で点灯、

充電池の電力でコンセントから外して非常灯としても使えるものです


13年間一度も停電がなかったので保安灯が活躍する機会はなかったものの、

これがあることでなんとなく安心感があったので買い替えることに~


パナソニックpanasonicで同製品の後継品はWTF4012WKがありますが、

充電式なのとLEDではないのが気になったので、

電池式でLEDを使った保安灯の



Panasonic 明るさセンサ付ハンディホーム保安灯 ホワイト WTF4088W

に替えることにしました

amazonで3,357円~


こちらはコンセント直差しですが充電式ではなく、アルカリ単3乾電池1個を使います


WTF4012が入っていた専用コンセントの枠にすっぽりと納まりました

厚みが薄くなって存在感もやや薄くなりました


今までのWTF4012が強い光だったのに比べると、

今回のWTF4088はぼんやりとした柔らかい明りです

非常灯としては物足りないですが、足元灯としては目に優しくて良い感じです


nice!(2)  コメント(0) 

panasonic DIGA おうちクラウドDMR-UX4050買いました [家電・PC・スマホ関係]



panasonicパナソニック ブルーレイディスクレコーダーDIGAディーガDMR-UX4050

全自動録画タイプの4TBハードディスクレコーダーです


近所の家電量販店で店頭価格108,000円から下取り値引き5,000円、

総額税込み111,640円で買っちゃいました~

2TBのUX2050なら60,000円ちょっとで買えそうでした

値段下がっていますね~


6チャンネル自動録画したものをテレビで視聴しつつ、外でスマホで視聴したり、

プライベートビエラなど複数の機器で同時に再生したかったのですが…


DIGAの電源が入った状態で外でスマホでDIGAの録画番組を視聴するには、

チャンネル録画は4チャンネルまでしかできないことがわかり…


…事前調査が不十分でした~

パンフレットわかりにくい…

私のような使い方を希望する人は少ないんでしょうか…


チャンネル録画は6チャンネルできるものと思い込んでいたので、

6チャンネルというのが、4チャンネル+予備チャンネル2チャンネルで、

予備チャンネルを使うとインターネットを利用した視聴に影響が出るなんて思ってもいなかったです


UX7050なら8チャンネルまで予備チャンネルなしでチャンネル録画できるらしいのですが、

お値段がネックで検討対象にもなっていませんでした…


購入に際して予備知識として持っていたのは、

おうちクラウドDIGA全自動モデルでは今年発売のすべてのモデルで、

自宅外でスマホで視聴できるのは1度に1台のみで、

さらに、

自宅外でスマホで視聴している状態で、

自宅内でおへやジャンプリンク機能を使ってプライベートビエラなど合計2台まで同時に視聴が可能、

ということだけでした


全自動タイプを選ぶ人は、

チャンネルは多いに越したことがないという人が大半だと思いますので、

自宅外で視聴することを重視する場合は、圧倒的にUX7050がお勧めです


…というわけで、UX4050を買ってしまった私は

自宅内で視聴していても、外でスマホでいつでもDIGA内の録画を視聴できるという機能を活用するために、

チャンネル録画は4チャンネルに抑えることにしました


今まで使っていたBRX2000の全自動録画4チャンネルでは足りないからと買ったUX4050なので、

BRX2000も引き続き活用して、

4チャンネル分のチャンネル録画はUX4050に、

3チャンネル分はBRX2000に録画することに~


これで7チャンネル分の自動録画が外でスマホで視聴できるようになったのですが、

BRX2000のほうは、BSやCSの番組の通常予約録画もする予定なので、

予約録画中は外でのスマホ再生に制限が出てきそうです

外でスマホであまりみないチャンネルをBRX2000にまかせるように調整せねば…


BRX2000でクラブパナソニックの設定をしてあるので、

同じLAN上にUX4050を追加するだけであっと言う間にネットワークの設定は完了~

ネットワークの設定が終われば、スマホのアプリ上で機器を選択するだけで、

BRX2000とUX4050のどちらも同じようにスマホやタブレットで視聴できます

スマホのアプリはメディアアクセスから「どこでもディーガ」に変わりました


以前にBRX2000を設定した記事は→コチラ


nice!(0)  コメント(0) 

Zenfone2の初期化ファクトリーリセット [家電・PC・スマホ関係]

子どもに貸していたZenfone2(ZE551ML) →買ったときの記事は コチラ

タッチパネルの反応が鈍くてゲームには適さないということで…

UQモバイルでiphone6sを買って、

お払い箱のZenfone2が私に戻ってきました


…と思ったら、画面がロックされています

ロック解除に必要なパスワード、子どもは「忘れた…」と…

パスワードは覚えやすくて忘れにくいものにしておけとあれほど言っておいたのに~


というわけでファクトリーリセットすることに…


Zenfone2(ZE551ML)のファクトリーリセットは、

公式でも案内がされています

ファクトリーリセットすると、

これまでのすべての設定や保存したデータが工場出荷時に戻って消えてしまうので、

本当にリセットして良いのかよく考えてから実行~


まずは、

作業前にバッテリー残量が15%以上あることを確認~


そして、ファクトリーリセットの手順は、

1.背面のボリューム↑と電源ボタンを同時押し、バイブレーションしたら電源ボタンのみ放す

この電源ボタンを放すタイミングが難しくて、失敗すると普通に起動してしまいます

その場合は電源を切って再度チャレンジです

私は5回ぐらいやり直しました


2.ボリューム キーで「RECOVERY MODE」選択、電源ボタンで決定

倒れたドロイド君のお腹が開いたイラストが表示されて、

No command

というメッセージが表示されます


ここで焦ってオロオロしていると普通に起動しちゃうので焦らず素早く次へ


3.電源ボタンを押しながら、ボリューム↑を押す

メニューが出てくるので、

ボリューム-キーで「Wipe data/factory reset」を選択し、電源ボタンで決定


4.確認メッセージが出てくるのでボリューム-キーで「Yes -- delete all user data」を選択、電源ボタンで決定

ファクトリーリセットが開始し数分後に完了します

ここまで来ればあとはのんびり~


5.画面のメッセージから「reboot system now」を選択、

電源ボタンを押すと工場出荷時の状態で起動します


これですべての設定が購入時の状態に戻りました

買い取りに出すか、何か使い道があるか少し考えてみます


nice!(0)  コメント(0) 

BenQ Wit MindDuo LEDデスクライト買いました [家電・PC・スマホ関係]

LEDデスクライトがいきなり点かなくなりました

3年前に近所の電気店で、選べるほどの種類がなくて適当に買ったオーム電機のL-72Wで、



角度調整が難しいうえに、光が眩しすぎて目が疲れるように感じていたので、

次は調光機能がついた目に優しいデスクライトを選ぶことにしました


ネットのクチコミを見ていて目に留まったのが、

親子デスクライト BenQ Wit MindDuo LED デスクライト AR16_D(Clamp)

amazonで、24,800円~



BenQは液晶ディスプレイで有名な会社だそうで、

LEDの技術的には問題なさそうなので、

デスクライトにしてはお高いお値段には目をつぶって、

目のためにこれに決めました


今までに使ったデスクライトはスタンドタイプばかりだったのですが、

机が小さいので作業スペース確保のため、今回はじめてクランプタイプにしました


箱や説明書がいかにも外国製という感じで、

特に説明書はちょっとわかりにくい…

…とは言え、ほんの数分で設置完了~


ライトを点けると机上がふんわりと優しい光に照らされました

今までのLEDライトの強い光とは全く違う目に優しい光です


色調や光量はダイヤルで細かく調整できます

高さや角度も軽い力で動いて、好みの位置でピタリと止まります

欲しかったのはこういうライトだったんだよね~としみじみ感じます


一方で、気になるのがスイッチ…

手をかざしてon/offを切り替えます

デスクライトのスイッチはボタンでカチンとon/offするものというイメージが強かったので、

センサーでon/offするのは慣れるまで戸惑います

待機電力も気になるところ…


あと、デザインが値段の割に高級感が乏しいような気がします

見た目が悪いわけと言うわけではなく、

むしろ無難な感じではあるのですが、お値段を考えるとねぇ…

野暮ったい見た目が「親子デスクライト」という名前にも表れている、と


まあ勉強机・作業机と思えば、必ずしもスタイリッシュな見た目は必要はないかな…


気になったのはそのくらいで、それ以外は満足~

USBポートも1つですがついています


ところで、買ったあとで、

ふと思いついて壊れたデスクライトを別の部屋のコンセントにつないでみたところ、

ちゃんと点きました…あらあら~



後日談

このBenQデスクライト、半年ほどの使用で調子が悪くなりました

素人判断ではありますが、電源コードの本体への差し込みが甘いようです

こちらにちょっと書きましたが、

対応が悪いメーカーの商品はもう買いたくないですね


タグ:家電 Amazon
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 家電・PC・スマホ関係 ブログトップ