So-net無料ブログ作成
検索選択

羽毛布団のリフォームをしました [キッチン・生活雑貨・インテリア]

我が家の羽毛布団は使い始めて20年超~

側生地が限界なのか、

見た目に穴はないのに上げ下ろしのたびにダウンがフワフワ宙を舞うようになりました。


買い替えも検討したのですが、羽毛布団は数年前に比べて1.5倍ほど高いようで、

迷った末に、生協で受付していた羽毛布団のリフォームを申し込んでみました。


中のダウンを洗浄後、グースダウンを200g足して側生地を交換するクラリスロイヤルグース90という1枚24,300円のコースを2枚~

ここから生協の特別割引まとめて2枚申し込みで1,080円引き~

代金は生協利用代金とまとめて後日引き落としになります。

取り扱いは花嫁わたという会社。


生協で申し込んで2週間後、佐川急便で布団回収袋が届きました。

説明書のとおりに、掛け布団を縦に3つ折りして、

それをクルクル巻いて紐で縛って、申込書とともに回収袋に入れてラベルを貼って~


回収袋と言っても丈夫で巨大なゴミ袋にしか見えませんが、

指定日に佐川急便が集荷に着てくれるまでこの状態で待機です。


なるほどと思ったのは、

梱包前に布団生地を少し切って、中のダウンを保管するようにという指示…

ダウンでない布団を出してあとでもめたことがあったんでしょうか。


布団を送って1週間後、はがきが届きました。

「仕上げの件でご相談がありますのでお電話ください」とのこと。

フリーダイヤルにかけると、

「このままでも良いが、さらにダウン400gまで追加ができます」と。

100gあたり2,057円でダウンの追加ができるんだそうです、もちろん追加なしも可。

送った2枚の布団は、洗浄後のダウン重量がそれぞれダウン1,285gと915gで、

無料で200gの追加をして、さらにあと400g入る余裕があるとのこと。

ちょっと迷ったのですが、軽いほうの布団にだけさらに200g足すことにしました。

これで2枚の布団の重さは同じぐらいになります。

暖かさは元のダウンの質にもよるのでダウンの重量が同じでも暖かさが同じとは言えないのですが、

まあまあ同じ程度と考えても良いのかな~


申し込み時はリフォーム完了まで3週間はかかるという話でしたが、

電話から1週間でリフォームされた布団が届きました。

圧縮されて段ボールに入っています。

半日ほど広げているうちにフワフワになりました。


側生地はポリエステル85%綿15%なので、

リフォーム前の綿100%には劣りますが軽くて柔らかです。

側生地は打込み360本、糸は60/60番手、

打ち込み本数が多いほど糸が細く柔らかく、糸と糸の間隔が密になってなめらかな生地になるようです。

打ち込みは300本以上あればまあ良いようですね。

高級品とは言えないものの安心の中級品、

もともと高級な布団ではなかったのでこれでちょうど良いです。

新しく買うよりは少し安く済んだかな~


花嫁わたは楽天にも出店がありました。

側生地が綿100%、追加はグースダウンではなくダックダウンでほぼ同価格ですね。



次に頼むことがあればこちらでも良いかな~

羽毛布団1枚分の価格で古い羽毛布団2枚のリフォームができますね。


浮いたお金でダウンケットも欲しいな~



タグ:寝具
nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。